17ライブのロイヤリティは13%~50%【どんな基準で上がるのか超考察】

「17ライブのロイヤリティってなに?」
「どんな基準で上がるの?」

あなたも17ライブのロイヤリティについて疑問があるのではないでしょうか?

収益に直結する問題なので、ライバーなら知っておきたいですよね!

 

結論から言ってしまえば、ロイヤリティとはもらったギフトから自分の収益になる報酬の割合のこと。

ユーザーによってことなるのも特徴です。

 

そこで今回は17ライブロイヤリティというテーマで

  • 17ライブのロイヤリティとは何か
  • 上がる条件などはあるのか
上記の2つの内容をメインに紹介していきます。

 

17ライブのロイヤリティとは何か

17ライブのロイヤリティってなに

冒頭でも紹介したように、17ライブのロイヤリティとはリスナーの人もらったギフトからもらえる収益の割合のこと。

具体的にいうと、『もらったギフト×自分のロイヤリティ=自分の収益』という公式から17ライブの収益は算出できます。

そのため、自分のロイヤリティは高ければ高いほど良いのです!

 

余ったポイントはイチナナ運営の取り分

先ほどの計算で「ポイント余るじゃん!」と思った人が多いかもしれませんが、残りはイチナナ運営の取り分になrます。

 

ロイヤリティはどのくらいか

ロイヤリティはどれlくらい

実は17ライブの公式でも言及はされていませんが、ライバーや17ユーザーによると、13%~50%だと言われています。

そのため、駆け出しであれば13%が濃厚でありトップライバーに近づくにつれて50%に近いです。

実際にこの情報については多くのライバーが配信内のぶっちゃけ話で語っていたりします。

 

ロイヤリティを確認できる人は限られている

ロイヤリティを確認できる人は限られている

実は以前は全ユーザーがロイヤリティを確認できたのですが、2018年の12月の17ライブでのルール変更により、ある条件を満たしたライバーしかロイヤリティは確認できなくなりました。

その条件とは下記の3点を満たしているライバーです。

  1. 17ライブの公式ライバー
  2.  1日に60分以上配信している
  3.  収益が100ドル以上
    (約12000円)

そのため、大半のユーザーは自分のロイヤリティが何%にあたるのかのチェックはできません!

なので、13%~50くらいなのかと考えていただくか上記の条件を満たせるように活動しましょう。

17ライブの公式ライバーって条件がなかなかきついですね、、、

 

事務所に所属しているライバーはもっとロイヤリティが低い

ロイヤリティは13%~50%だ!と紹介しましたが、事務所に所属しているライバーはさらに低いです。

それは、記事前半で紹介した公式とは少し異なり、下記のようになるため。

『もらったギフト×自分のロイヤリティ−(事務所の取り分)=自分の収益』

 

事務所があるおかげで多くのノウハウや仕事が得られますが、17ライブでの活動に置けるロイヤリティが削られるというデメリットもあります。

事務所所属を視野に入れている方は、その点も検討してから所属を決めてくださいね♪

 

ロイヤリティの確認方法

ロイヤリティ確認方法

先ほど紹介した3つの条件を満たしている人に限り、

  1. 17ライブトップページ
  2. マイページ
  3. ロイヤリティ
  4. ロイヤリティ

という手順で自分のロイヤリティが確認できます。

 

17ライブのロイヤリティの上がる条件はあるのか【考察】

17ライブのロイヤリティの上がる条件はあるのか

ロイヤリティが上がる条件については、公式でも公表はされていません。

そのためここからは、ネットでの17ライブの情報+ロイヤリティの高いライバーの特徴からの考察になります。

 

まず、ロイヤリティが高い人に共通している点は人気者であることです。

より細かく分解すると

  • ライブ配信に多くのリスナーがいる
  • 多くのギフトをもらっている
  • イベントに入賞する
  • 配信時間・頻度が多い
  • ライブ配信以外の機能も使っている

このような点が挙げられます。

 

そのため、始めは上位ライバーの特徴をレベルダウンさせてこなしていきましょう。

例えばこんな感じ。

 

スタート:リスナーが1人来てくれる

ゴールまでのステップ▼

✔︎いいねしてくれる
✔︎コメントを打ってくれる
✔︎同時に数名来てくれる
✔︎無料ギフトをくれる
✔︎有料ギフトをくれる

ゴール:多くのギフトをもらっている

 

上記のような感じでまずは小さく、トップライバーの特徴を自分に入れていくことが大切です。

すると、始めから大き向上させることは難しいですが、少しずつロイヤリティが上がっていくでしょう♪

 

始めの一歩については、17ライブで視聴者を増やす11の方法【脱初心者ライバーの稼ぐ第一歩】で解説しておりますので合わせてご覧ください。

 

ロイヤリティには天井がある稼ぐためにはYouTubeもあり

ロイヤリティには天井がある稼ぐためにはYouTubeもあり

17ライブのロイヤリティは現状MAX50%となっていて、取り分に少し不満を感じるかもしれません。

そんな時は17ライブと並行して、YouTubeなどの他のプラットホームの利用もあり!

 

実際にある程度知名度のあるライバーの人は、YouTubeの個人チャンネルでもファンと交流していたりします。

YouTubeでは生配信のアーカイブも簡単に残せますし、それに広告もつければ不労所得となるので、

  • ファンの方もいつでも動画がみれる
  • 配信しなくても収益が得られ得る

このようなメリットもあります。

そのため、17ライブをメインに活動しているならYouTubeなんかを使うのもあり!

 

まとめ

17ライブのロイヤリティは、リスナーからもらったギフトから自分の収益になる割合のこと。

そしてそのロイヤリティの割合については、確認できる人とそうでない人がいて、割合の肌は13%~50%です。

 

このロイヤリティをあげる方法は公式には公表されておりませんが、人気ライバ0ーの特徴や成果を真似ることが最短の近道。

ぜひ人気ライバーんマネから初めて、人気ライバーに近づいていきましょう♪

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です