人気のリップスワックスで失敗しにくいタイプならこれがおすすめ!

「スタイリングに慣れてきたからワックスにもこだわりたい!」
「でも失敗するのが怖い」

あなたにもこのようなお悩みはありませんか?

見た目に大きく影響を与えるスタイリング剤だからこそこだわりたいですよね!

 

結論から言うと、リップスのワックスは初心者から上級者にまで使いやすいワックスです!

それは洗い落ちが優れているのに、セット力や操作性が高いため。

それに加えて、種類が豊富で自分の理想のスタイルを実現させやすいのもポイント。

 

そこで今回は、『人気リップスワックスの魅力とおすすめな理由』と言うテーマで、

  • リップスワックス種類別の特徴と髪の長さによるおすすめ
  • 失敗しない!人気のシリーズ
  • 正しい使い方

の3点に主にフォーカスしてご紹介していきたいと思います!

人気のリップスワックスの特徴と髪の長さによるおすすめ

リップスのワックスの特徴について

このワックスは新宿や表参道など主に東京を中心に展開する大人気美容室『LIPPS』から販売されているスタイリング剤。この美容室(リップス)については多少スタイリングやヘアカタログなんかをチェックしている美意識高めなあなたであればご存知でしょう。

もし知らなかったという方でもホットペッパービューティーや美容室などのヘアカタログで上位のヘアスタイルはLIPPSの美容師さんがカット担当ということがかなり多いです!

リップスのワックスのここがすごい!

リップスのワックスは日々私たちと同じ立場の『カッコよくなりたい!』というお客様の会話や要望などを反映しつつ、『髪型のプロ』としての最大限の技術・知識・経験から生まれた本格的なスタイリング剤。

だから美容師の方ほど技術がない私たちでも

  • 束感を簡単に再現しやすい
  • 幅広い動きを表現できる
  • ヘアカタログのヘアスタイルを再現可能
  • キープ力がありながらも洗いおちが良い

自分がなりたいスタイルを自宅でも再現がしやすく、日常使いしやすい扱いやすいものとなっています。

シリーズ別の特徴と髪の長さによるおすすめ

リップスのワックスには全9種類ものスタイリング剤があり選択が大変かと思いますので、こちらでは特徴と一緒に髪の長さについても触れていきます。

NIAWASE ニュアンスムーブワックス

 

『ナチュラルにゆるい動きでふんわり感を出したい』という方に向けられて作られたソフトタイプワックスで、

  • 気軽にサッととつけられる操作性の良さ
  • ナチュラルで潤いのある動き

が特徴でやわらかな束感であったり、ウェーブ感を出すのが得意。

こんな人におすすめ!
  • 女性のミディアム〜ロング
  • 男性のウェーブスタイル
  • ナチュラルスタイルが好み

L08 マットハードワックス

 

『ラフに動く束感をしっかりとキープしたい』という方に向けて作られたハードタイプワックスで

  • メンズワックスのスタンダード
  • 一日崩れないハードなキープ力
  • セミマットな質感
  • 軟毛で立ち上がりにくい人でもラクに動く束感が実現

できるということが特徴のLIPPSの定番ワックス。

こんな人におすすめ!
  • 男性ベリーショート〜ショート
  • ラフに動く束感スタイルが好み

L11 ライトムーブワックス

『ツヤと動きの両方ほしい』という方に向けて作られたライトハードタイプのワックスで

  • ほど良いルーズな動き
  • まとまりのあるツヤ感
  • +αのスタイリング力
  • みずみずしいライトなつけ心地

のある男女問わずあらゆるレングスに対応が可能なワックス。

こんな人におすすめ!
  • 女性のショート〜ボブ
  • 男性のミディアムやウェーブスタイル
  • 動きがナチュラルなスタイルが好み

 

L12 フリーキープワックス

『スタイリングが自由自在』そんなキャッチコピーを持ったミディアムハードワックスで

  • ラフでエアリーな束感
  • 程よいツヤ感と操作性

のあるビジネスシーンでのカッチリとしたヘアスタイルからカジュアルなどの幅広いシーンで最適なスタイル位づくりのできるワックス。

こんな人におすすめ!
  • 全ての男性の方
  • 多くのヘアアレンジに挑戦したいという方

 

L14 フリーハードワックス

『一日崩れない束感くっきりキープ』というキャッチフレーズを持つハードタイプワックスで

  • スーパーハードな立ち上がり
  • 大胆でくっきりとした束感
  • 軟毛で立ち上がりがつぶれやすい

という特徴のあるシャープで動きのある束感が一日中キープできるワックス。

こんな人におすすめ!
  • 男性のベリーショート〜ショートミディアム
  • シャープで動きのある束感スタイルが好み

 

L14 グロスムーブワックス

『グロッシーな毛束感をエアリーにキープ』というキャッチコピーのあるライトハードワックスで

  • ジェルのような濡れた質感
  • ふわっとした空気感のある束感

この2つの同時に表現することの難しかった質感を叶えることができるのがこのワックス。LIPPS特有の毛束感をツヤ髪にバージョンUPし楽しむことができます。

こんな人におすすめ!
  • 男性のベリーショート〜ミディアム
  • タイトで大人めセクシースタイルが好み

LIPPS ハードブラストワックス

『スーパーハードなセット&キープ力!束感を自在に舞い散らせ!!』というキャッチコピーのあるエクストラムーブタイプのワックスで

  • スーパーハードなセット力とキープ力
  • 絶妙なラフ束感
  • バチバチの束感

この3つを表現することのできる市販されているLIPPSワックスの中で最大のセット力を誇るのがこのワックス。まあた軟毛の方でも十分にブラスト質感を体感できます。

こんな人におすすめ!
  • 男性のベリーショート〜ショート
  • バチバチな束感スタイルが好み

LIPPS ウェットブラストワックス

『濡れ髪質感を自在に舞い散らしガッチリホールド!』というキャッチフレーズのエクストラウエットタイプワックスで

  • 濡れたような質感
  • スーパーハードなセット力

という2つの特徴があるワックス。高いツヤ感の中にもセット力があります。

こんな人におすすめ!
  • 全ての男性の方
  • 濡れ髪質感の中でも動きをしっかりと出したい方

 

LIPPS マットブラストワックス

 

 

 

『かつてない程のマット感!究極のドライ質感で、スーパーハード&キープの超ドライワックス!!』というキャッチコピを持つLIPPS店舗限定のエクストラマットタイプのワックスで

  • 究極のドライな質感
  • 湿気にも強く崩れない
  • スーパーハード&キープも抜群

という3つの特徴のあるLIPPSの店舗限定のワックス。軽く硬いので、つぶれやすいかみの方でも十分にエアリー感(空気感)を十分に実感可能

こんな人におすすめ!
  • 男性のベリーショート〜ショート
  • 湿気に弱い
  • とにかくドライな質感が好み

失敗しない!人気のリップスのワックスTOP3

初心者ないしは中級者の方でワックスを選ぶ上で重視して欲しいのが『無難である』ということ。

というのもあなたも過去に『あのスタイリングするなら何もしないほうがいいだろ』

と思ったことはありませんか?そういった方に限って初めのうちは扱いが難しいグリースやジェルタイプを選んでしまっています。ですので始めのうちは無難なみんなが選んでいるシリーズから使っていってスタイリングにも慣れてきたら、違うタイプのものを試してみるというのがオススメ!

そこで口コミ評価などで使用ユーザーの多いLIPPSのワックスをランキング形式で紹介します!

1位 L08 マットハードワックス

 

2位 L14フリーハードワックス

3位 L12フリーキープワックス

 

といった口コミ評価数から見たランキングで傾向としてはツヤ感は出ないor自然なツヤ感のシリーズでセット力は強めという感じでした。

もしどのリップスのワックスにすればいいのだろう?と悩んでいたら口コミ評価から見た結果の一番人気であり、LIPPSでのワックスの説明でもメンズのスタンダードな王道ワックスと言われている『L08マットハードワックス』をつかてみるのがいいかもしれません。

 

ワックスの上手な使い方

この記事を訪れる前にYouTubeなどで多くの美容師youtuberの動画で勉強したかと思いますがここでおさらいの意味も含めて確認して見てください!

スタイリングする前の事前準備

ワックスをつける前にまずはベースとなる髪型を作ります。行う工程はこんな感じ。

  1. 髪をシャワーで濡らしてリセット
  2. タオルドライをしっかりと行う
  3. ドライヤーでベースを作る
  4. (へアアイロンで形を作る)

これらがスタイリングをする上で重要です。なぜそれらを行う必要があるのか1つずつ見ていきましょう。

髪をシャワーで濡らしてリセット

これは寝癖や生えグセを直すという意味で行います。寝癖直しのスプレーや霧吹きという方法ももちろんありますが、その方法では1部にしか効果がなく自分の見えている範囲でしか行えないのでオススメはしません。

またシャワーで全体を濡らすことによっていつも同じ条件でスタイリングが行えるようになるので本当におすすめ!

タオルドライをしっかりと行う

しっかりを濡らしてリセットできたと次たタオルドライ!全体の7〜8割が乾いたと思うところまで水気を取ってあげましょう。

ここでお金に余裕がある方はヘアオイルを使ってあげることがおすすめです。少し油分が加わるとこによって次に行うベースを作る工程が少し楽になるというほか、ドライヤーないしはヘアアイロンなんかの熱からも髪を保護してくれる役割があるためです。

メンズ人気のヘアオイルをチェック

ドライヤーでベースを作る

続いては髪型のベースを作る工程。

こちらでは自分の目指しているスタイルのおおまかなシルエットを意識しながら髪を乾かしていきましょう!ポイントとしては高さを出したい箇所は空気を入れるような感じで乾かし、ボリュームを出したくない箇所(はちなど)はボリュームを落としてあげましょう。

束感などに関してはワックスなどで調整できるのでここではあまり意識しなくても大丈夫です。しかしスタイリングにも慣れてきたらこだわってみるのもいいかもしれません!

ヘアアイロンで形を作る

こちらの工程についてはやらなくてもいいのですが余裕がある方だけ。スタイリングが格段にしやすくなりますので慣れてきたら実践してみてください。

ワックスを使ってのスタイリング

ようやく事前準備が完了してここでLIPPSワックスの出番です。

ポイントとしては

  • 毛量の多い後頭部から前へとつけていく
  • 少ないずつ(2回に分けて)つける
  • 前髪にはつけすぎない

上記のことに注意して全体的に髪をコーティングするようにまずはワックスをなじませてみてください。

するとおおまかなベースは先ほどドライヤーの工程で完成しているのである程度はできます。そこから自分の目指しているスタイルへと調整して見てください。私の場合だと前髪から順に後頭部の方まで10分くらいかけて整えていきます。

私がやりやすいと思ったのはまずは前髪以外をワックスの力で立たせて順に整えていくというもの。美容師YouTuberの方法より時間はかかりますが、細かく整えられるので初心者さんである方ほどこの方法がいいかもしれません。

 

リップスのワックスを混ぜる方法

少し上級者向けに聞こえるかもしれませんが、リップスのワックスはそれぞれを混ぜて使うのも効果的です。

それは人それぞれ髪質は違うため、自分に完璧に合うワックスにはなかなか出会えないから。

そこで自分好みの質感に混ぜ合わせて調整するのもおすすめ!

 

実際にこれはリップスの公式ブログでも紹介されており、美容室なんかでも行われているんです。

そのため、

「なんか惜しいんだけど、、」

「あと少しこうなら、、」

なんて願望があれば自分好みの質感に混ぜて使うのもあり!

 

リップスのワックスの混ぜ方のコツや配合例については下記の記事で詳しく紹介しておりますので、合わせてご覧ください♪

 

どこに売っているの?販売店の紹介

リップスのワックスは

  • LIPPS
  • 東急ハンズ
  • ロフト
  • ドンキホーテ

が取り扱い店舗となっておりどこも料金は定価での販売となっています。またアマゾンや楽天においても価格は定価ですので今すぐに使いたい!という方以外はネット通販での購入がおすすめ!

LIPPSのワックスをチェック

最後に

リップスのワックスは初心者〜上級者の方といった場広い方に利用されるワックス。

  • 束感を簡単に再現しやすい
  • 幅広い動きを表現できる
  • ヘアカタログのヘアスタイルを再現可能
  • キープ力がありながらも洗いおちが良い

こんな性能のスタイリング剤を探しているといった方はぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です