【40才からのケア】ルシード薬用トータルケア化粧水の効果とは

『アラフォーの肌の男の肌』というとその人の生活や環境などによって肌質というのは大きく異なっています。ですがアンチエイジングという言葉もあるように、大切にケアをしてあげることでこれからの肌を健やかに保つことだって可能です!歳を重ねるごとに魅力が増していく男性って憧れですよね。

そこで今回は『40才からの男のスキンケア』というキャッチコピーで人気の医薬部外品の『ルシード薬用トータルケア化粧水』について

  • どんな特徴があるのか
  • 入っている成分による期待できる効果
  • ネット上での口コミ
という内容でルシード薬用トータルケア化粧水の魅力についてご紹介していきたいと思います!

ルシード薬用トータルケア化粧水の特徴は?

このルシード薬用トータルケア化粧水の最大の特徴は歳を重ねていくごとに気になる7つのオトコの悩みの対策ができるというポイント。その7つの悩みとは下記のもの。

  •  カサつき
  •  しみ
  •  乾燥による小じわ
  • 肌のカミソリ負け
  • アブラによるテカリ
  • くすみ
  • 肌のハリの低下

こちらについてはあなたも1度は気にしたことがあるのではないでしょうか?カミソリ負けに関しては日常的に行うものですし、肌のハリの低下やカサつきなど様々な原因によっても起こるものなので多くの方が当てはまるでしょう。

そんなオトコの肌にルシード薬用トータルケア化粧水の成分はこんな働きをしてくれます。

  • <カサつき対策>保湿成分を補い、うるおいを閉じ込める。
  • <シミ対策>メラニンの生成を抑えシミを防ぐ。
  • <乾燥小じわ対策>乾燥による小じわを目立たなくする【効能評価試験済み】。
  • <カミソリ負け対策> ヒゲそり後のヒリつき・肌あれを防ぐ。
  • <テカリ対策>テカリの原因にもなるキメの乱れを整える。
  • <くすみ対策>キメを整え、清潔感のある肌へ導く 。
  • <ハリ対策>肌をひきしめハリを与える。

 

入っている成分による期待できる効果

先ほどはざっくりとした効果でしたので『マンダム男性肌研究の集大成7つの成分配合』というメーカーさんが厳選した成分が一体どんなものなのか深掘りしていきます。(ルシードはマンダムの中のメーカーです)

1.セラミド様成分

こちらはヒト型セラミド(一般的に言われているセラミド)とは違う成分ですがセラミドに似た保湿成分を化学合成したもの。擬似セラミドとも呼ばれおり、本物のセラミドよりは保湿力は劣りますが

  • 肌のバリか機能の強化
  • 肌の保湿
が低価格でできる成分。

2.有効成分トラネキサム酸

こちらは美白効果が期待される成分。働きとしてはシミを活性化させ流ホルモンの分泌を抑制し、紫外線(太陽などに当たった時に浴びるもの)を浴びた際に発生するメラニンの発生を抑制する働きがあります。

3.ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は保湿に関与する成分で、水を多くかかえこめる成分となっており保水をサポート。

4.グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸時カリウムは強い抗酸化作用があり、ニキビや肌の炎症などの改善が期待できる成分です。多くの有名アクネケアアイテムなどにも含まれている成分。

5.ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは収れん作用という毛穴の引き締め効果が期待できる成分です。これによりハリが減少してしまっている肌にアプローチできます。

6.シルクエキス

シルクエキスは主に保湿効果をになっておりますが美白効果も期待されています。

7.浸透性アミノ酸

浸透型アミノ酸は肌のコラーゲンを再生をサポートする効き目があり、これが肌のハリを保つことにつながるのです。

効果的な使い方

スキンケアは正しい使い方ができていれば肌が良くなっていきますが、間違ったケア方法をしていると知らず知らずのうちに悪化してしまっている…という状態にもなりかねないので正しい方法についてご紹介。

  • 手順1
    まずは化粧水を取りましょう

    手のひらに推奨使用量である500円玉くらいの化粧水を取りましょう。この時に注意したいのはケチらない!ということ。「少し足りないな」と思ったら注ぎ足してください。そうしないと肌に十分な水分が行き渡らず部分的に乾燥してしまうという事態に陥ってしまいます。

     

  • 手順2
    化粧水をなじませていく

    手順1で撮った化粧水を口周り・頬・ひたい・鼻筋と内側か外側へとなじませていきます。この時に気をつけたいポイントとしては小鼻などもしっかりと保湿するという点。

    また乾燥が気になる箇所であったりしわがきになる箇所は気持ち多めにつけてあげましょう。

     

  • 手順3
    仕上げに化粧水をなじませる

    手順2の工程で化粧水が大体馴染んだので仕上げとして最後に頬を引き上げるようなイメージで全体を覆いなじませましょう。

    最後に頬を引き上げるように手のひら全体で覆いなじませます

     

  •  

使い方はルシードの公式サイトで動画でも紹介されていたので詳しくはそちらを確認してみてください。

ネット上での口コミ評価や評判は?

こちらではネット上の口コミで多くみられていたメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思いますので良い点もですがデメリットとなる点もしっかりと確認してみてください!

デメリット

  • つけ心地が良くなかった
  • 効果が分からない

最も多くみられたのはつけ心地に関してのレビューでした。せっかく40才からの男のスキンケアということで購入したのに使い心地が悪ければ継続できないですよね…

メリット

  • 使い心地がいい
  • コスパが良くて助かっている
  • 剃刀負けも解消できた
  • ニキビができなくなった

メリットではコスパがいいことや保湿により肌がキレイになったことという書き込みが多くみられました。男性の肌は女性の肌に比べて、水分がおおよそ3分の1であるとも言われているので肌の保湿によっての喜びの声が多数でした!

まとめ

ルシード薬用トータルケア化粧水は一部の方にとっては使い心地が満足できないという意見もありましたが。口コミ全体の評価を見てみるとかなり満足感の得られる男のアンチエイジングができる化粧水でした。実際のAmazonにおいての評判が以下の写真となります。

ですのでコスパが良くて40才からのケアができるスキンケアアイテムを探している方は1度使って見てもいいかもしれません。

悪評について考察してみた

悪評(良くなったよいうレビュー)に見られた『使い心地が良くなかった』という原因ですが含まれている「メンソール」というものにありそうです。

メンソールは男性向けの洗顔料やシャンプーなどに良くあるあのスースーとした感覚をを与えてくれる成分です。この爽快感を与えてくれるメンソールは男性の中でも賛否両論あることから今回のような使い心地に関する評判が割れたのだと思います。

ですので「メンソールのひんやりとした感覚があまり好きではない!」という方にはこのルシード薬用トータルケア化粧水は正直おすすめできませんのでご注意ください。メンソールが含まれていないメンズの肌のことが考えられたスキンケアブランドではオルビスミスターというシリーズがあるので爽快感やメンソールが苦手な方はオルビスメンズ【ミスターシリーズ】は口コミから見るとモテ男への近道かもでその化粧水や洗顔料について細かくまとめていますのでチェックしてみてください。

どこで購入できる?販売店の紹介

一部東急ハンズやドンキホーテでも取り扱いはあるようですが基本は薬局(ドラックストア)が取り扱い店舗となっておりますので比較的入手が楽となっています。

ですがAmazonにおいては600円台となっておりましたのでネット注文にあまり抵抗がない方はそちらでの購入がいいかもしれません。ちなみにルシード薬用トータルケア化粧水の低下は1080円です。

 

まとめ

ルシード薬用トータルケア化粧水は口コミからみるとメンソールが苦手な方にはおすすめはできませんが、ひんやりとした感覚も全然好きだという方にはコスパが良くてエイジングケアの第一歩としてはいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です