ランサーズのタスク案件は稼ぐための一歩【始め方や効率的な稼ぎ方】

「ランサーズのタスク案件って稼げるの?」
「効率の良いやり方があるなら知りたい!」

あなたにもこのようなお悩みはありませんか?

副業でクラウドソーシングを始めると言っても、いきなり契約を結んで記事の執筆って、正直ハードル高すぎますよね。

結論から言ってしまうと、少し耳が痛いかもしれませんが、タスクでは稼ぐのには不向きです。

 

それは1案件の単価が他の仕事のスタイルに比べると安いため。

 

とは言っても、ポイントサイトで少しずつ稼ぐよりは効率的だし、稼ぐための準備運動になります。

そこで今回は、ランサーズタスク案件というテーマで、

  • ランサーズのタスク案件をやったほうが良い理由
  • 実際にどう言ったステップで行うのか
  • より稼ぐための方法 
上記の3つの内容をメインにご紹介していきます!

タスク案件の特徴をマスターして、副業の第一歩を華麗に決めましょう。

ランサーズのタスク案件をやったほうが良い理由

ランサーズのタスク案件では大きく稼ぐことは厳しいですが、やるに越したことはありません。

それは、副業初心者の方にはいきなり、契約を結んで責任感ある仕事をするのは主にが大きいから。

それに加えて、多くの主婦の方や学生の方がやっているポイントサイトに比べれば、稼げるからです。

 

実際に手軽に試せる、ポイントサイトは1日に、『1円~10円』という稼ぎにしかなりませんが、

ランサーズのタスクでは、1日に『5円~上限なし』を稼ぐことができます。

ポイントサイト 1円〜10円
ランサーズのタスク 5円〜上限なし

ですので、同じ手軽な副業でもポイントサイトよりかはタスクを行なったほうが効率的。

 

それに加えて、数をこなすと自信につながり、ワンランク上のプロジェクトへの抵抗感がなくなるので、ランサーズではタスク案件もやったほうが良いと言えます。

頑張っても1日に1000円くらいがボーダーライン

先ほど、タスク案件の稼げる額を『5円~上限なし』このように記載しましたが、本人の気力に大きく依存されます。

それは仕事はたくさんはありますが、単価が安く消耗してしまうため。

実際に私も過去にタスク案件をやっておりましたが、1000円くらいで疲れてしまいました(笑)

 

そのため、タスクで頑張っても1日で1000円前後ということをお忘れなく♪

ちなみにタスクで1000円稼げるなら、もうワンランク上のプロジェクトへGOです。

1つの案件どれくらいなの?

結論から言ってしまうと、1つの案件は『5円~1500円前後』こちらの金額となっています。

ざっと見た感じだと、

  • 50円台
  • 200円台

このラインが現状では多かったです。

「じゃあ高単価のものだけやろう。。。」

このように思うかもしれませんが、うまくはいきませんよ。

 

それは単価の高いタスク案件ほど、

  • 難易度
  • 作業量

が多いため。

そのため、単価が多少低くても自分がサクッとできそうなものを試してみることをおすすめします。

狙うべきは100円前後

タスクで効率的に稼ぐためには、100円前後の案件へのトライがおすすめ!

それは、サクッとできる内容のものが多くも5分前後でこなせるため。

そのため、最も簡単な5円の案件をこなしていくより、少し難易度は上がりますが、コスパが上がる100円前後のタスクがおすすめ。

 

効率よく稼ぐためのアイテム

単価は固定なのでしょうがないですが、作業スピードは上げることは可能です。

一般的には、

「積み重ねが大切」

とは言われており、それは本質ではありますが、初心者でタイピングスピードが遅くても、効率を上げる方法があります。

 

それは『ピンマイクを使う』つまり音声入力をするという方法。

 

音声入力するには、イヤフォンの付属のマイクや端末に内蔵されているものでもできなくないのですが、

精度が良くないという事実があります。

実際にあなたもsiriや音声入力を使った際に、上手に聞き取ってもらえなかった経験はありませんか?

実はそれ、滑舌の問題ではなく

  • マイクの精度
  • 読み取りの精度

こちらに問題がある場合があります。

そのため、音声入力で作業スピードを上げるなら『ピンマイク』の使用がおすすめですよ♪

 

実際にどんなステップで行うのか

狙うべき価格帯を知ったところで、続いてはタスクを試すまでの方法について紹介します。

画像を用いて説明しますので、ぜひ記事を見つつ作業してみてください。

一応ランサーズのリンク貼っておきますね。

>>ランサーズリンクを開く

ランサーズでタスクを受注するまでの流れ

まずは、ランサーズのトップページから『仕事を探す』をタップしてください。トップページはランサーズというロゴをタップすればいきます。

仕事を探すをタップすると、詳細が開きますので、『タスク・作業』の項目をタップ。

次に仕事(タスク)一覧が出てきますが、見やすくするために、

仕事スタイル
→タスク

仕事条件
→募集中の仕事のみ

こちらにそれぞれチェックを入れます。

そして下部の絞り込みをタップします。

この作業を行うことで、効率よくタスク案件が探せます。

ではここからきになるタスク案件の捜索が始まります。

「これ気になるな」

と思ったものがあれば、そのタスク案件をタップしてみてください。

そして、右のほうにある作業を開始をタップしてみましょう。
※まだ作業は始まりませんのでご安心ください。

ちゅ胃事項などがあるので、ざっと読んでから下部の『同意して作業開始する』をタップ。

そして最後に「この案件今からやりますよ〜」って感じの画面が出てくるので、『作業開始』を押していただくと始まります。

 

注意しておきたいポイント

タスクに挑戦する手順について紹介しましたが、注意しなければならないことがあります。それは下記の3点。

  • 制限時間
  • 依頼者の注意事項
  • 電波問題

これはタスク業務をこなす上でとてつもなく大切なことなので、1つずつ解説していきますね!

制限時間

タスク案件には、他のランサーズの業務スタイルとは異なり、120分の制限時間があります。

ほとんどは120分はかかりませんが、頭の奥底にでも入れておいてください。

忘れて、「一度これやろう!」と思い立って、やる気がなくなり「やっぱあとでにしよう!」となってタイムアップに気づかないで送信しても受理されず徒労に終わってしまいます。

制限時間は120分の2時間です。

依頼者の注意事項

ざっと依頼者の注意事項を読めばほとんどは大丈夫なのですが、タスク案件によっては、『◯◯という単語を×回以上』という制約もあったりします。

ですので、そういった指定などは見落とさないように注意しましょう。

電波問題

オンライン上での執筆なので、電波状況によっては、作業内容が送信できなかったりする事態もあります。

実際に私も何度か変なWi-Fiに捕まったり、謎のエラーで損した経験があります。

ですので、心配な方はメモ帳で作業して送信時にランサーズのタスク画面に貼り付けをするなどの対策がおすすめです。

原稿があれば、たとえエラーを起こしても安心です♪

 

より稼ぐための方法

より多くの金額を稼ぐには、

  • 自分の作業効率をあげる
  • 単価をあげる

この2通りしかありません。

「はじめらへんで心配だな、、、」

という人は、タスク案件の数をこなして、作業の効率を上げる。または記事の中盤でいったように音声入力を使ってみるのがおすすめ。

そして、タスク案件にも慣れてきたら、次は単価のより高い『プロジェクト』『コンペ
』へと進みましょう。

ピンマイクはテキストを打ったりする限りは活躍するので、初期投資としてはじめに購入もありですね♪

行動しつつインプットせよ

正直な話、ずっとタスク作業だけでは限界がきてしまいます。

そのため、タスク作業を頑張りつつステップアップのための勉強をしておくことをおすすめします。

「ライティング(記事の執筆)を将来的に頑張っていきたい!」

という方には下記の3つの書籍がとても文書力向上に繋がるのでおすすめです!

【文章が学べる本】

【売れるライティングが学べる本】

【ネットで上位表示できるノウハウが学べるストーリー形式の本】

 

本は電子書籍派なんて方はkindleの月額会員が良いかもしれません。また、

  • 月に1000円以上は書籍代に使っている
  • スキルアップをしたい

なんて方は本が無制限に読めるkindleアンリミデッドをぜひ♪

ちなみに私も紙の本も読みますが、会員で月に5~8冊読んでいます。

kindleアンリミデッドを無料体験

ランサーズのタスク案件を始めましょう

では本日のテーマ『ランサーズのタスク案件』のまとめです。

ランサーズのタスク案件は『稼げない』とは言われていますが、ポイントサイト以上は稼げて、頑張りによっては月に2~3万円も可能。

ですが、単価が低いので、1000円以上稼ぐ力があるなら、プロジェクトやコンペにステップアップしましょう。

 

とはいってもタスクもしっかりとした経験・技術隣、次の稼ぐステップの第一歩となってくれます。

さぁタスク案件始めましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です