増税前のAmazonでのお買い物は大丈夫?Amazonのページに行く>>

コーヒーダイエット成功の鍵は”運動前”にあり!効果〜習慣化法まで

「運動前にコーヒーを飲むとダイエット効果が高い」
「コーヒーには高い痩せる成分が含まれている」

あなたもそのように考えてこのページを訪れたのではないでしょうか?

結論から言ってしまえば、コーヒーダイエットで運動前にコーヒーを飲むと高い脂肪燃焼作用プラスαの効き目が得られたりします。

そして実際に多くの研究でも証明されていて、エビデンスがあり下手にダイエットを試すならこのコーヒーダイエットがおすすめ!

そこで今回は『コーヒーダイエットで運動前に飲むとどれだけメリットがあるの?』というテーマで、

  • コーヒーダイエットで運動前のコーヒー摂取のメリット
  • コーヒーを飲むタイミング
  • 習慣化のための例
という内容をメインにご紹介していきます!

コーヒーダイエットで運動前のコーヒー摂取のメリット

コーヒーダイエットにおいて運動前にコーヒーを飲む一番のメリットはダイエット効果の向上にあります。

それはコーヒーに含まれている以下の3つの成分にヒミツがありました。

  • カフェイン
  • クロロゲン酸
  • ニコチン酸

ではこちらの3つの成分がどんな痩せるサポートをしているのか紹介していきますね♪

カフェイン

カフェインは脳の覚醒効果が有名ですが、ダイエットや運動をサポートする効果もたくさんあるんです。

  • 行動のパフォーマンス向上
  • 疲れにくくなる
  • 代謝が上がる
  • 脂肪が燃えやすくなる
  • 脂肪分解能力UP

など、他にもたくさんのエクササイズと相性の良い効果がありますが、大きなものでは上記が期待できます。

ダイエット効果において一番強力なのは脂肪分解酵素がUPするというポイント。

カフェインを摂取すると成分が効き始めてから切れるまでの時間、通常は運動では糖が使われるところ

          ↓↓↓

遊離脂肪酸が行動するための栄養として使われるようになります

この遊離脂肪酸とは血液の中にある体脂肪です。この遊離脂肪酸をエネルギーとして使えるという事は、体脂肪の元を早い段階で撃退できる事になるので、太りにくい体になりやすいのです!

運動前にコーヒーを飲んでいない場合だと消費されるカロリーの順番として

  1. 食事で摂った糖
  2. 脂肪
という順番でエネルギーに変わるため、なかなか体脂肪な落とせないのです。

そのため、コーヒーでのダイエットをするには運動前にはコーヒーを飲んであげると、体脂肪を落としやすいので飲むようにしましょう。

実際にラットを用いた動物実験でもその体脂肪の燃焼効果が証明されています。

その実験ではラットの体脂肪は

【カフェイン&安静時】

 

変化前

変化後(31週)
体重 583.5g 488.5g
内臓脂肪 46.4g 35.2g
皮下脂肪 38.2g 27.3g

【カフェイン&運動】

  変化前 変化後(31週)
体重 576.0g 448.0g
内臓脂肪 56.7g 20.6g
皮下脂肪 39.5g 20.7g

引用:全日本コーヒー協会

表のような体脂肪の減少となったようです。このことから、コーヒーダイエットでカフェインを摂取するだけでも体重の減少が期待できますが、運動を組み合わせることによってダイエット効果を加速させられることが分かります。

 

クロロゲン酸

コーヒーの中の含有成分の中でカフェインよりも多いのがこのクロロゲン酸。

カフェインは脳の覚醒作用があることから多くのスポットライトを浴びていますが、ダイエット・美容業界ではクロロゲン酸の方が有名かもしれません。

それは下記のような作用があるため。

  • アンチエイジング
  • がんの予防
  • 血糖値の抑制
  • 脂肪燃焼のサポート

ダイエットに効果のある2つの効果を解説

ダイエットにおいて効果を示すのが、『脂肪燃焼のサポート』と『血糖値の抑制効果』。

脂肪燃焼効果についてはあなたが想像する通り、脂肪が燃えやすく・分解しやすくする働きがあります。

そしてクロロゲン酸の効果として最も大きいのが血糖値の抑制効果です。

それは食事をして脂肪として蓄積されるのには、条件として血糖値が上がる必要があります。

なので、血糖値が抑制されればその分脂肪として蓄積されにくいんです!

ニコチン酸

ニコチン酸はよく聞く名称でいうなら『ナイアシン』と言い、よくブルーベリーなんかで耳にするものの仲間です。

このニコチン酸は栄養の消費をサポートしてくれるので、理想のボディに近づくサポートをしてくれます。

コーヒーを飲むタイミング

コーヒーの飲むタイミングはざっくりといえば『運動や家事などをする前』と覚えておくと楽です。

具体的なタイミングとしては

具体的には下記の4つのシーンでのコーヒの摂取がダイエットにはオススメ!

  • 運動をする前
  • 家事をする前
  • ご飯をする前後
  • 入浴前

理由としてはコーヒーのダイエット効果としては主に脂肪の燃焼や分解をサポートする作用があるため、1日の間でも消費カロリーの多いシーンであるため。

また食事の前後にコーヒーをオススメしたのは前述したように、コーヒーには血糖値の上昇を抑制する働きがあるためです。

注意

コーヒーを飲んですぐには効果は出ません。

成分が身体に効果を発揮するには30分前後の時間が必要なので、運動時間から逆算してコーヒーを飲むようにしましょう。

「もっとコーヒーダイエットの飲むタイミングについて知りたい!」という方はコーヒーダイエットの効果的な飲み方とは|いつ飲むのが正解?を合わせてご覧ください。

 

コーヒーダイエットを成功させるには習慣化

コーヒーダイエットに限ったことではありませんが、痩せるのには習慣化することが重要です。

今回はコーヒーダイエットが最も効果的に行える運動の習慣化の例を紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

万歩計を日々の生活に取り入れる

『自分の運動量を目に見える形にする』ことがモチベーションや目標につながるので、「運動は苦手だな。。。」って方こそ万歩計で日々の歩行数をカウントしてみましょう。

スマホなどでも運動量はカウントできますが、実際にお金を使った方が「この万歩計の元を取り戻すためにも頑張らなきゃ!」と思えるので、運動習慣がない方はコーヒーダイエットを機に万歩計を普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

今の万歩計って、心拍数・時計機能などもついていてかなりオシャレな見た目だったりするんですよ!私も「これが万歩計なのか。。。」と驚きました。そのスタイリッシュ万歩計がこちら↓

 

(価格:2,480円)

Amazonで万歩計をチェック

ちなみに1日に推奨されている歩数の目標値は

男性 9,200歩
女性 8,300歩

となっております。引用:厚生労働省

ステッパーを導入してみる

ステッパーとは家の中でも気軽に運動ができるあのふみふみするやつです。こんな感じ↓

 

このステッパーの何がいいかというと、

  • テレビを見ながら
  • スマホをいじりながら
  • 本を読みながら

とながら運動ができるようになるため。

実際「運動しよう!」と思って外に出るのってめんどくさいですよね。。。

そして天候が悪いとなおさらです。ながら運動を取り入れたい方はステッパーの導入がおすすめです♪先ほど紹介した厚生労働省の目標値も、テレビを見ながらだと案外クリアできたりします。

Amazonでステッパーをチェック

 

まとめ

コーヒーダイエットと運動の相性は、脂肪燃焼効果・脂肪分解作用・血糖値の抑制などがあるためとても良いです。

また飲むタイミングとしては主に運動や家事を行う前とざっくりと覚えておきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です