増税前のAmazonでのお買い物は大丈夫?Amazonのページに行く>>

コーヒーダイエットの効果的な飲み方とは|いつ飲むのが正解?

「コーヒーダイエットを始めたけど効果的な飲むタイミングはあるの?」
「逆に効率的でないタイミングもあれば知りたい!」

あなたもタイミングについてこのように悩んではいませんか?

実は脂肪燃焼や基礎代謝を上げるコーヒーの飲み方は、基本的には『身体を動かす前』と超簡単だったりします。

ですがせっかくコーヒーの力で痩せるなら、細かく知っておいた方が効率的ですよね♪そこで今回は『コーヒーダイエットでのコーヒーを飲むタイミング』というテーマで、

  • コーヒーはこんなタイミングで飲むと効果的
  • 逆にこんな時には絶対に飲んではいけない
  • ダイエットに特化したコーヒーのおすすめ
という内容でご紹介していきます!

コーヒーはこんなタイミングで飲むと効果的

冒頭では主に身体を動かす前にコーヒーを飲むのが良い!とお伝えしましたが、ここでは脂肪の燃焼や基礎代謝アップで効果的なタイミングやシーンについて細かく紹介していきます。

なおこの記事にたどり着いた方は、コーヒーダイエットの効果などを調べているかと思うので、効果や作用は知っている前提でお話を進めていきます。

もし「んーそう言われると微妙かも。。。」という方はこちらの記事でコーヒーダイエットについて網羅的にまとめていますので、「コーヒーダイエットを成功させて痩せるんだ!」という方はぜひ合わせてお読みください。

では飲み方のタイミングについて学んでいきましょう♪

 

運動の30分前

コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸には脂肪燃焼をサポートする効果があります。

そのためエクササイズやトレーニングをする時前には、その脂肪を燃やす効果を高めるためにもコーヒーの摂取がおすすめです。

見出しにある『30分』はコーヒーのダイエット成分が身体に吸収されるまでにかかる時間です。

飲んですぐに効果は現れず、「だいたい30分くらいはかかるんだ」というふうに覚えておきましょう。

入浴の30分前

入浴の時間は1日の中でも、たいして身体を動かすわけでもないのに体が温まるため、体温が上がり代謝がアップする時間帯です。

そのため毎日の何気無く送っているダイエットタイムを効果的に使えるのが、入浴前のタイミングでコーヒーを飲む方法です。

時間的にはお風呂を入れる前に飲んでおくと、入る頃にはいい感じに成分の作用が働くので、毎日の習慣にしやすいのが特徴。

仕事や家事の時間

1日の消費カロリーの中で大きな割合を占めているのが、この仕事や家事の時間です。コーヒーダイエットをするなら、この仕事や家事をするタイミングでは必ず飲んでおきましょう。

ダイエット効果はもちろんですが、コーヒーの覚醒作用なども働くので作業効率が向上もするのでおすすめ!

1日勤務の方は休憩のタイミングに合わせてコーヒーを再チャージしましょう。

カフェインの効果持続時間は30分〜5時間程度と言われております。

食事前or食事後

食前と食後のタイミングでのコーヒーの摂取には異なった効果があるので、

コーヒーにつ用意方は2つのタイミング

 

弱い方は1つを選択

するのがおすすめ。

コーヒーを食前に飲む

『コーヒーを食後より食前に飲むとこで太りにくくなる』という比較結果実際に出ています。

なぜ太りにくくなるのかというと、

  1. 脂や糖が体に吸収されにくくなる
  2. 食欲を抑制する作用

この2つの効果があるため。いずれもコーヒの作用が身体ホルモンに対してアプローチしてくれるため起こる変化なので、再現性がとても高いのです。

“例えるなら利尿作用でトイレに行きたくなる”これくらいホルモンの力は強力です。

コーヒーを食後に飲む

比較で食前に飲んだ方が良い!とは言われておりますが、食後に飲むことでのダイエット効果は得られます。

効き目としては消化のサポート効果。コーヒーの成分が消化液の分泌を活性化してくれるので、

消化活動がスムーズになり行動量がUP

便秘による体重の増加トラブル

からダイエットでの体重の減少の生タゲとなってくるトラブルに対して効果を発揮してくれます。

逆にこんな時には絶対に飲んではいけない

「基礎代謝の向上や脂肪燃焼効果があるなら、いつでも飲んでいた方がいいんじゃないの?」

と考える方もいるかもしれませんが、万能なコーヒーにも飲んではいけないタイミングがありますので順にご紹介して行きます。

 

寝る前

コーヒーの効果の代名詞といっても過言でないのが『覚醒作用』です。

作用のメカニズムとしては、コーヒーに含まれているカフェインには交感神経を活発させる効き目があります。

しかし睡眠や身体を休めるには副交感神経が優位になる必要があるため、コーヒーを眠る前にとってしまうと睡眠をとることが難しくなってしまいます。

例えるなら、

殴り合いのケンカで交感神経が高ぶっている時に、副交感神経が優位になって眠くはならないようなものです。

妊娠中や授乳期間

病院で検査を受けた妊婦さんや妊活で病院い相談しにいった方ならご存知かと思いますが、妊娠中や赤ちゃんにミルクをあげる期間のコーヒーはNGです。

妊娠中の場合の影響)

妊娠中にコーヒーを飲んでしまうと、成分による効果の1つである血管拡張作用が働いてしまいます。

その結果、

  • 流産の危険性につながる
  • 生まれた際の発育影響

などの可能性が生まれてしまいます。

授乳中の場合の影響

授乳で出るミルクのは、お母さんの摂取した栄養や成分が元になります。

当然のことながら、お母さんがコーヒーを飲んでいたらミルクにもその成分が反省されてしまい、カフェインが苦手な赤ちゃんに影響が出てしまいます。

そのため、赤ちゃんが身体に宿ってからミルクを卒業するまではコーヒーを断つ必要があります。

カフェインレスのコーヒーならOK

しかし、コーヒーが身体に良い理由はカフェインの他にも高い抗酸化作用があるという点にもあります。

そのため「健康ライフにコーヒーを取り入れたい!」という方にはカフェインが入っていないコーヒーなら赤ちゃんへの影響はないので試してみましょう。

Amazonでカフェインレスコーヒーのチェック

薬を服用している場合

くすりの種類によってはコーヒーの成分によって効果が減少してしまったりするものもあります。

なので、風邪などでくすりをもらった時はお医者さんに

  • コーヒーを飲んでも良いのか?
  • くすりを飲んだタイミングとずらした方がいいのか?

などコーヒーダイエットをするにあたっての心配事はしっかりと聞きましょう。

 

ダイエットに特化したコーヒーのおすすめ

市販のコーヒーでもダイエット効果は狙っていけますが、コーヒーでのダイエットが前提として考えられているダイエットコーヒーもあるので、

本気で痩せたい!

市販のコーヒーより高くても効率の良いもので試したい!

というような方には『カフェテイン』というコーヒーがおすすめ!

カフェテイン(caffetein)って?

カフェテインは『プロテイン』×『コーヒー』の力でダイエットのサポートしてくれるダイエットサポート飲料です。

そしてこのカフェテインの制作には管理栄養士の方はもちろんですが、身体のことを知り尽くしたプロの方も関わったということがポイント!

またプロテインと聞くとなんだかカロリーのたかそうな印象を受けますが、カフェテインは1杯あたり35kcalと低カロリーです。(普通のプロテインは100kcal)

ダイエットサポート効果としては

  • カフェインで代謝アップ
  • プロテインで筋肉の維持や強化

が同時に行えるというメリットがあります。

加えてプロテイン(タンパク質)は満腹感を得やすい栄養素であるため、カフェテインを生活に取り入れるだけで、我慢せずに自然と1日のカロリーをおとすことも可能。

ダイエットにプロテインっている?

プロテインと見た時、「別にムキムキになりたいわけじゃないんだけど。。。」と思われた方もいるかもしれませんが、痩せるにあたってはプロテインが重要な役割を果たしてくれるんです!

そして本格的なトレーニングをしない限りはムキムキにはなりませんのでご安心ください。

ダイエットで体重を減らす方法は主に下記の2パターン。

  1. 摂取カロリーを減らす
  2. 消費カロリーを増やす

1.摂取カロリーを減らす

ダイエットといえば摂取カロリーを減らす方向に進んで行く方がとても多いのですが、ほとんど失敗します。

それはカロリーを一定期間に極端に減らしてしまうと、人間の体は「これ以上エネルギーが減ってしまってはやばい!」と判断して、

  • もっとエネルギーを取れ
  • 活動するエネルギーを抑えよ

という指令が脳から身体に伝わってしまうため一時的に体重は減りますが、その減り方はリバウンドしやすいダイエット方法なのです。

また代謝や消費カロリーに関わってくる筋肉量の低下もさせてしまいます。不健康な身体になってしまうのが特徴

2.消費カロリーを増やす

消費カロリーを増やすには日々の運動量を増やすことが大切です。

そして消費カロリーは筋肉量に比例してきますので、効率よく消費カロリーを稼ぐにはある程度筋肉を鍛えることが重要!

筋肉量が増えれば痩せやすい身体となりますので、ダイエット成功後もリバウンドしにくく綺麗なボディラインをキープしやすいのが特徴です。健康的な身体になるのの特徴です。

今回紹介するカフェテインが目指しているのが、こちらの筋肉量を増やしてダイエットをサポートするものです。

より詳しくダイエットコーヒーのカフェテイン(caffetein)を知りたい方は公式サイトから詳細情報をご覧ください。

カフェテインの公式サイトをチェック

まとめ

コーヒーダイエットを行う上での効果的な飲み方は、主に運動や活発的に活動を行う前がおすすめ!

また睡眠の前や妊婦さんは飲んでしまうとデメリットが大きいのでNGです。飲むとしてもデカフェやノンカフェインのコーヒーにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です