コーヒー ダイエットでコーヒーを食前or食後のどっちが正解?

「コーヒーダイエットでは食事のタイミングでコーヒーが良いってきく」
「でも”食前”or”食後”のどっちの方が良いんだろう?」

あなたも上記のようにコーヒーと食事のタイミングについて悩んでいるのではないでしょうか?

ダイエットにおいてはタイミングが効率を大きく左右するとも言われていますので、正しい知識を知っておきたいですよね!

実は結論から言ってしまうと、コーヒーは食前に飲む事がダイエットには効果的なんです!

そこで今回はコーヒーダイエット食前食後問題をテーマに

  • 食前にコーヒーを飲むメリット
  • 食後にコーヒーを飲むメリット
  • 知っておかないとやばい落とし穴
これらの内容をメインに紹介していきたいと思います!

食前にコーヒーを飲むメリット

冒頭でも紹介しましたが、コーヒーダイエットにおいて痩せる効果があるのは食前のタイミングです。

それはコーヒーに含まれている成分には下記の効果があるため。

  • 食べ過ぎの抑制
  • 身体の脂質の分解
  • 満腹感を与える

ではこれらの作用について解説していきますね!

食べ過ぎの抑制

食べ過ぎの抑制ができるのはコーヒーの成分が脳神経にアプローチしてくれるため。

そのため、

  • 食べる量を調整
  • 我慢する

これらの事をしなくても、自然と食べる量が減少するんです!

 

我慢して減らしてもストレスになっているか爆発してしまうので、この食べる量を減らす効果というのはダイエットにはかなり効果的です。

身体の脂質の分解

コーヒーのクロロゲン酸という成分には、脂質を体内で使うエネルギーへと変換してくれる作用があります。

そのため、脂肪として蓄積されにくくなるんです!

ですので、

「食べた後になんだか罪悪感があるな。。。」

という方には効果的。

すぐには脂肪に蓄積されずに運動すれば大丈夫!と思うだけでも心身共に楽になるかと思います。

 

この『体内の脂質を変換』という情報でピンときた方は素晴らしいです!

そうです!運動前にコーヒーを飲むのもかなり効果があるんですよ。

脂肪の変換はもちろんですが、代謝が上がることにより効率的にカロリーを消費できるのです。

そのため食前のみならず運動前にもコーヒーの摂取を取り入れてみてはいかがでしょうか?

運動をコーヒーの詳しいタイミングについては下記の記事で詳しく解説しておりますので、興味のある方はあわせてご覧ください。

コーヒーダイエットの効果的な飲み方とは|いつ飲むのが正解?

やはりダイエット中って少しのストレスでも失敗に向かうような行動につながりかねないので、安心できる情報ってかなり大切です。

 

満腹感を与える

コーヒーの中の成分の一つの働きとして、『糖分を緩やかに吸収する』と言った働きがあります。

そのため、「間食がないとお腹が空きすぎてつらい」という方でも、コーヒーが与える効果により長期間の満足感が得られます。

その結果としていつも食べていたおやつの時間を無くしてあげられます。

すると、自然と1日の摂取カロリー量が減少するので、ダイエット成功ルートへと乗ります。

 

食後にコーヒーを飲むメリット

食後にコーヒーを飲むメリットは『消化を助ける』という点において食前に飲むときよりも高い効果が得られます。

そのため、コーヒーダイエット中に「なんだか今日は食べすぎてしまった。。。」という時には食後にコーヒーを飲んであげましょう。

すると、コーヒーの成分が消化酵素の分泌をサポートしてくれて消化を助けてくれます。

 

そのため、コーヒーダイエットで食事の前後に飲むのはどっち問題についての結論はこうです。

食前 ダイエットのサポート効果があるので基本は食前
食後

お腹が辛い時には消化酵素サポート作用のある食後

知っておかないとやばい落とし穴

コーヒーは身体に良いと近年では論文などでも紹介されておりますが、薬と同じで飲みすぎると良くなかったり、やってしまうと良くないことがあります。

ここからはそんなコーヒーダイエットに置ける注意点について紹介していきます。

お腹が弱い人は刺激を感じてしまう

 

コーヒーに含まれているカフェインには刺激性があります。

そのため、胃が弱い方は胃に負担をかけないようにコーヒーを飲むことが必須。

具体的には、

  • コーヒーを飲むまえ胃は何かお腹に入れる
    (空っぽのお腹には厳禁)
  • 1回に多量のコーヒーは飲まない

これらの対策をしましょう。

またお腹が強い人でも多くカフェインを摂取してしまうと、”不安感” ”お腹を下す”などのデメリットがあるので、気をつけましょう。

またカフェインレスのコーヒーに切り替えてあげるのも効果的です。

カフェインレスのコーヒにもダイエット効果ははありますので、胃への刺激などがきになる方は検討してみてはいかがでしょうか?

Amazonでカフェインレスコーヒーをチェック

寝れなくなってしまう

これは夕食のシーンでコーヒーを飲んだ時に多いです。

カフェインには覚醒作用もあるため、夕飯の時に飲んでしまうと睡眠に悪影響が出てしまうことがありあります。

そのため、できれば睡眠時間に近い夕食のシーンではコーヒーは控えましょう。

ちなみにカフェインの半減期は5時間〜8時間と言われております。

 

まとめ:コーヒーダイエットでは食前がおすすめ

コーヒーダイエットにおいて食前or食後にコーヒーを飲むのはどちらが良いの論争の結果は、食前が良いです。

それは食前にコーヒーを飲むことで、

  • 食欲を抑えられる
  • 満腹感が持続する

などのメリットが得られるため。

このポイントがあることにより自然と摂取するカロリーが減るためダイエットに繋がりやすいのです。ぜひ今日から実践してみてくださいね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です