増税前のAmazonでのお買い物は大丈夫?Amazonのページに行く>>

コーヒーダイエッター必見!10kg減量成功者のいるMCTオイルの痩せ効果とは

「コーヒーダイエットのコーヒーにオイルが入っているMCTオイルコーヒーってなに?」
「どんなダイエット効果があるの?」
「バターも入ってるらしいけど太らない?」

コーヒーダイエットやMCTオイルコーヒーの存在を初めて知る方には上記のような不安もあるでしょう。

ですが結論から言ってしまえば、MTCオイルには多くの痩せサポートの働きがあるのでダイエット効果は抜群です!

そこで今回はコーヒーダイエット×オイルというテーマで

  • MCTオイルコーヒーとは
  • コーヒーダイエット×オイルのMCTオイルコーヒーの効果
  • バターが入っていてダイエットに効果的なのか
上記の内容をメインに紹介していきます。

 

MCTオイルコーヒーとは

MTCオイルコーヒーとは

  • コーヒー
  • バター(無塩が推奨)
  • MTCオイル

からなるコーヒーのこと。

現在話題沸騰中なのは、実際にこのMCTオイルコーヒーがダイエット効果があって『シリコンバレー式 自分を変える食事術』という書籍で完全無欠のコーヒーと紹介されたためなんです!

 

ダイエットの鍵となるのる最も重要なのは健康・美容に良いココナッツの油の中鎖脂肪酸のみを抽出した『MTCオイルです。

このMTCオイルのダイエット効果について続いては見ていきましょう。

 

コーヒーダイエット×オイルのMCTオイルコーヒの効果

MCTオイルコーヒーがダイエットに影響を与える働きとしては、下記の6つのポイントが特徴です。

  1. 飲んですぐにエネルギーになる
  2. 腹持ちが良い
  3. 内臓脂肪にアプローチする
  4. 痩せやすいカラダに近づける
  5. 腸内環境を改善する
  6. 持久力の向上

では上記がなぜダイエットに効果的な効果だと言えるのか、みていきましょう。

飲んですぐにエネルギーになる

MCTオイルコーヒーに含まれている油『MCTオイル』は通常のオイルの4~5倍の速さで体のエネルギーとなります。

このMCTオイルがすぐに体に吸収される特性があるため、脂肪として蓄えられないというメリットがあります。

一見「なんで?」と思うかもしれませんが、余ったカロリーが蓄えとして体の脂肪として蓄えられるので、早く生成されるエネルギーが脂肪にならないのは納得ですね!

腹持ちが良い

このMCTオイルコーヒーはバターやオイルが含まれており、「単にカロリーがあるだけでしょ?」と思うかもしれませんが他にも理由があるんです。

それはMCTオイルには『レプチン』というホルモンを活性化させてくれる働きがあります。

このレプチンは食欲を抑える効果があります。そのため、我慢せずとも自然と1日の摂取カロリーが減少するので、ダイエットにつながるのです。

ちなみにレプチンは睡眠不足で分泌量が減少してしまい、代わりにグレリンという食欲を増員させるホルモンが分泌されるので、コーヒーダイエットをするなら睡眠も大切です。

内臓脂肪にアプローチする

コーヒーダイエットのカフェインでも内臓脂肪へのアプローチはありますが、MCTオイルでも働きかけてくれます。

そのため、ブラックコーヒーでのコーヒーダイエットよりMCTオイルコーヒーの方がカロリーは高いですが脂肪燃焼効果は大です。

痩せやすいカラダに近づける

MCTオイルは身体を体脂肪が燃えやすい『ケトーシス』という状態にしてくれます。

このケトーシスは飢餓状態でエネルギーが不足した際に起こる状態で、自分の脂肪をエネルギーに変換し行動する状態です。

日本人は自然に飢餓状態になるのはほとんどありませんが、MCTオイルで狙ってケトーシス状態になることが可能です。

腸内環境を改善する

MCTオイルには食物繊維も含まれています。そのためこの含有されている食物繊維が腸内細菌のエサとなって腸の働きを活性化させてくれます。

その結果、

  • 便秘の改善
  • 消化能力の向上

などの腸に良い効果を現れます。

注意点として多く食物繊維をとってしまうと下痢などになってしまうこともあるので、オイルは様子を見て量を増やしていきましょう。

便秘とかあまりうんちが出ないとぽっこりお腹の原因になるので、腸内への働きかなり重要です!ダイエットって見た目の変化でモチベーションだいぶ左右されますよね。

持久力の向上

MCTオイルは活動するために必要なエネルギーになるステップは通常の食物に比べると少ないのです。

エネルギーに変わるまでは下記の表をご覧ください↓

  STEP1 STEP2 STEP3
MCTオイル ケトン体 エネルギー  
通常の食物 ブドウ糖 ケトン体 エネルギー

 

この1つ分の体の中での工程の差が体への負担を軽減してくれるため持久力の向上にもつながります。

そして前述したようにMCTオイルはエネルギーになるまでが早いので、運動量のUPにもつながるでしょう。

その結果として、消費カロリーが上がるはずです。

バターが入っていてダイエットに効果的なのか

ブラックコーヒー飲み行うコーヒーダイエットに比べると、ダイエット面においてはバターやオイルによるカロリーが気になりますが1日の摂取カロリーを見れば問題はありません。

それは『コーヒーダイエット×オイルのMCTオイルコーヒの効果』の項目で説明した大きなダイエット効果があるため。

ですが『食欲を抑える』『脂肪を燃焼しやすくする』『痩せやすい身体になる』というMCTオイルコーヒーでもダイエットを成功させるためには置き換えが大切になってきます。

その理由について紹介していきます。

朝食の代わりに置き換えがおすすめ

朝食の代わりに置き換えを進めるのは、適度なカロリーを摂りつつダイエット効果を1日のスタートから得られるため。

食欲を抑えたり、脂肪燃焼の効果を効果的に利用するなら間違いなく朝が買いこい選択ですよね。。。

注意していただきたい点は、朝ごはんをしっかり食べてMTCオイルコーヒーを飲むのでなく、『置き換える』というポイントです。

それは効率よく痩せるにはカロリーカットが重要なため。少し厳しそうに聞こえますが、腹持ちが良いのでMTCオイルコーヒーだけでも朝の時間は案外乗り切れちゃいます。

もしお腹がなってしまうのが怖いという方は果物やヨーグルトなんかを一緒に取ってみてください。

まとめ

コーヒーダイエットのコーヒーにオイルが入っているMCTオイルコーヒーを使った方法はダイエットい効果的。

それはMCTオイルには

  • 飲んですぐにエネルギーになる
  • 腹持ちが良い
  • 内臓脂肪にアプローチする
  • 痩せやすいカラダに近づける
  • 腸内環境を改善する
  • 持久力の向上

の効能があるため。そして心配されがちなバター含有問題も大きな痩せサポート効果があるので心配はありません。

ぜひこの記事を機にコーヒーダイエットを初めてみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です