コーヒーダイエットはカフェインレスでもOK!理由や大きいメリットとは

「コーヒーダイエットはデカフェ(カフェインレス)じゃダメなの?」
「カフェインにあまり強くない体質で1日に何杯も飲むのは辛い」

あなたにもこのような悩みはありませんか?

妊婦さんやカフェインにあまり強くない人にとっては、コーヒーダイエットのルールってなかなか辛いものがありますよね。

結論から言ってしまうと、デカフェ(カフェインレス)のコーヒーでもコーヒーダイエットは可能なんです!

それはコーヒーの痩せるための働く成分はカフェインだけでないため。

そこで今回はコーヒーダイエットカフェインレスというテーマで、

  • コーヒーダイエットをカフェインレスでもOKな理由
  • デカフェだからのメリット
こちらの内容をメインに紹介していきます!

コーヒーダイエットをカフェインレスのデカフェでもOKな理由

冒頭でも紹介したように、コーヒーのダイエット成分はカフェインだけでないので、カフェインレスのデカフェでもコーヒーダイエットが可能なんです!

そのダイエット成分は『クロロゲン酸』というポリフェノールの仲間。

実はコーヒーにはカフェインよりもこのポリフェノールの方が多く含まれているんです!

そのため、

「カフェインがなくても大丈夫かな。。。」

このような不安は捨ててしまってOK!

クロロゲン酸はこんな効果があります

カフェインレスのコーヒーにも含まれているクロロゲン酸には以下のような効果があります。

  • 脂肪の吸収を抑制する
  • 蓄積してしまった脂肪の分解
  • 脂肪の燃焼をサポート

このクロロゲン酸は作用の一覧を見ていただいて分かる通り、

  • 脂肪に蓄積されにくくする予防
  • ついてしまった脂肪を取り除く対策
の2つが同時に行えるんです!

そのため、運動や家事の前なんかにデカフェを飲んであげると効果的に脂肪の燃焼ができます。

コーヒーが作用するまでは約30分かかる

実はカフェインレスのコーヒーに限った話ではありませんが、身体に作用が出るのまでには個人差がありますが、20~30分かかると言われております。

そのため、運動や家事などの「体を動かそうかな?」と思う少し前にコーヒーを飲みましょう。

コーヒーダイエットにおいてはこのタイミングがダイエット効率を大きく左右しますので、この30分という時間をしっかりと覚えておいてくださいね♪

「より細かくコーヒーダイエットにおけるタイミングが知りたい!」という方は下記の記事で詳しくまとめていますので、合わせてご覧ください。

コーヒーダイエットの効果的な飲み方とは|いつ飲むのが正解?

通常のコーヒーのタイミングですが、カフェインレスのコーヒーでもタイミングとしては同じです。

コーヒーには美容効果もあった!?

実はカフェインレスコーヒー(デカフェ)にも含まれているクロロゲン酸には抗酸化作用があります。

そのため、コーヒーを飲むだけで、身体の細胞を傷つけている活性酸素を除去してあげることが可能なんです!

そのことから近年ではアンチエイジング目的でコーヒーを飲む方も増えています。

ダイエットをしながら美容効果も得られるなんて一石二鳥ですね♪

デカフェだから得られるメリット

カフェインレスのデカフェだから得られる1番のメリットは、時間を選ばずにコーヒーを飲めるという点です。

覚醒作用があるカフェインが入ったコーヒーでは、夕方以降に飲むのは悪影響が出やすいのでデカフェはかなり優秀。

そのため、コーヒーは大好きで時間を気にせず飲みたい方や妊婦さんにはぴったりですね!

カフィンレスのデカフェだから夜にでも飲んでOK!

 

カフェインが入ったコーヒーのデメリット

多くのシーンでカフェインはデカフェより優れていると言われることがありますが、気をつけなければ起きてしまうデメリットが多いのも特徴です。

カフェインが入ったコーヒーのデメリット

  • 睡眠に悪影響が出てしまう
  • ホルモンバランスが乱れる恐れ
  • 飲み過ぎてしまうと胃が荒れる
  • 多量に飲むと精神的に不安定になる

この表の中でも1番気づかずに受けているデメリットが、睡眠への悪影響。

実はカフェインが体内から減ってくる時間は(半減期)は5~8時間と言われています。

そのため、睡眠前の8時間前に飲んでも身体の中にはカフェインはまだ半分はのこている場合も。。。

その結果、睡眠の質が低下してしまうのです。

睡眠の質が低下すると太りやすくなる

カフェインの覚醒作用を受けて睡眠の質が低下してしまうと太りやすくなってしまうのです。

それは寝ている際に行われているホルモンの調整が十分にされないため。

その結果として、身体が身の危機を感じて

  • 空腹をより感じやすく
  • 満腹を感じにくく

このような身体になってしまいます。

つまり太りやすくなるってことです。睡眠って時間ないときに削りがちですが、ダイエットや美容においてもかなり大切なんですよ。

カフェインレスのコーヒーはどれが良いの

カフェインレスのデカフェって「どれが良いのかわからない!」という方が多いのですが、ブラックならどれでも大丈夫です。

クロロゲン酸に多少の差はあれど、価格帯や味など好みのものを選んでみましょう。

カフェインレスコーヒーをAmazonでチェック

ちなみに私は価格重視でネスカフェやUCCのボトルのアイスコーヒー派です。

まとめ:コーヒーダイエットはカフェインレスでもOK

コーヒーダイエットをするにあたって、カフェインレスコーヒー(デカフェ)でもOK!

それはコーヒーのダイエット成分はカフェインだけでなく、ポリフェノールの1種のクロロゲン酸もあるため。

ぜひ今日からでもカフィンレスコーヒーでコーヒーダイエットを始めて理想の身体に向かっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です