【DaiGo本読み方】一度読んだら忘れない3つの読書術とは?感想&まとめ

「勉強のために本を読んでいるけどあまり知識が定着しない」
「読んでいる間の充実感はすごいけど2・3回はすぐに読み返す」

あなたも本から知識を得ようと思ってこのような悩みをかかえていませんか?

実際に私も以前までは意識は高いけどあまり身につかないタイプの人でした。。。

そこで今回はDaiGoさんの『一度読んだら忘れない3つの読書術とは?』の内容と感想についてのまとめを紹介してきます!

本を効率よく読むには3段階

効率よく本から知識を身につけるには、読む前・読んでいる間・読破後にする3つのことがあります。

それを意識して行うことで何も考えずに読み進めていくより格段に知識の定着レベルが変わってくるのです。

行うのは下記の3ステップ

  1. 本を読む目的を決める
  2. 面白い箇所はメモを取る
  3. 読み終わった後はメモを元に内容を思い出す

これだけ見て納得する方もいるかと思いますが、細かいテクニックがありますので1つずつ解説していきますね!

本を読む目的を決める

「本を読む目的?知識が欲しいからだけど。。。」

このように思う方が多いかと思いますが、それではざっくりすぎます。

  • 具体的にどんな情報が得たいのか?
  • この本からどんな事が学べそうか?

このように細かく設定してあげる事が重要です。

それは人間は『自分に意味のある情報しか頭に残らない』という性質があるため。

実際にあなたも昨日や一昨日の夜ごはんのメニューは思い出せるか微妙なところだけど、仕事で毎回行う作業を忘れる事はないですよね?

それは無意識に脳の中で

  • 生きていくのに必要な情報
  • 覚えてなくても大丈夫な情報

この2つに分けられているためです。全て覚えようとすると脳はパンクしてしまいます。

MEMO

そのため『生きていくのに必要な情報』に分けてもらいやすくするためには、具体的な読む目的を決めてあげる事が大切です。

ポイントは目次をチェック

書籍の表紙や帯からだけではどんなことが学べるかはかなりざっくりとしたものにしかなりません。

そこでチェックして欲しいのが目次です。多くの人が飛ばしていることが多いのですが、効率よく知識を定着させたいなら飛ばすのはNG!

具体的な方法としては「これってどんなことが書いてあるんだろう?」と予測を立て、自分なりに答えを出してみること。

ここで大切なのは完璧に当てにいかなくてもOK!なるべく間違える予想を立てることです。

というのも人間は裏切られた事によってより強く記憶が定着するため。

 

面白い箇所はメモを取ろう

あなたも読んでいる時は

「へーそうなんだ!」
「ためになる」

と思っていても本を読み終えるころにはなんか良いこと書いてあったな〜程度の記憶になっていたという経験はありませんか?

それは先ほども紹介した、人間の自分の体験したことや生きていくのに必要な知識とは少し離れているからです。

そこで自分と関連つけるために行いたいのが『自分ごとにする』という方法です。自分ごととは自分と物事を関連つけることで、

  • 自分の言葉で要約をする
  • 自分なりの感情で表す
  • 名言っぽくアレンジを加える

これらの自分の感情を本の情報に絡めることです。このテクニックにより、脳に「これは必要な知識なんだ」と思わせることができて記憶に残りやすくなります。

メモの方法に関してはメモ帳、本の上のスペース、スマホのメモ機能など、メモを取れればなんでもOKです。

 

もり

ちなみに私はスマホのメモ機能やボイスメモを使っています。

 

 

メモを元に内容を思い出そう

本を読み終わった後には、読んでいる最中に取ったメモを元にそのページには何が書いてあったのか思い出してみましょう。

それを行う理由は人間の脳は思い出す時に覚えるためです。

注意して欲しいポイントとしては、思い出せなくてもすぐに答え(本の該当ページ)を見ないことです。最低でも5分は悩みましょう。

それは「悔しい!」という気持ちが人の記憶の定着をサポートしてくれるからです。

実際にあなたも体験している例として。。。単語帳や問題集を使った勉強したものって意外と長期間覚えられたりしませんでしたか?

それこそが思い出すときに記憶された証拠であり、この勉強法を検索練習とも言い科学的にも証明されている勉強法なのです。

そのため本を読み終えた時に、自分で興味をもってメモをした箇所の周囲の内容が「どんなことが書いてあったんだっけ?」と思い出してみるのが知識定着に効果的。

読破後に更に記憶をブーストさせるには

レビューやブログそして少しレベルが上がりますが、友達に内容を教えてあげるなどのアウトプットがさらなる記憶の定着に効果的です。

それは他者に説明する際には問答無用で自分の言葉での要約や説明となり感情も含まれるため。

よく勉強を人に教えると覚えやすいと言われるのと同じ効果ですね!

なので本を読み終えたら簡単にAmazonでのレビューなどアウトプットをしてみましょう。

 

DaiGoさんの『一度読んだら忘れない3つの読書術とは?』の感想&まとめ

はじめに試してみた時は

「なんだかめんどくさい」
「早く読みたいな」

という気持ちでいっぱいでしたが、いざ読んでみると「うわ!思いっきり予想外れたじゃん!」と途中で思えたり、普段よりも前のめりに読書できた気がします。

また読書後の気になるポイントの復習を行ったことで、前までは1ヶ月にまた同じ本を読んでいるという状態でしたが今では「また読み直そう!」と思ったときにだけ読むようになりました。

しっかりと記憶できるようになったためです。

ですので皆さんも最初は少しめんどくさいと思いますが

  1. 本を読む目的を決める
  2. 面白い箇所はメモを取る
  3. 読み終わった後はメモを元に内容を思い出す

この3ステップを意識して読書をして見てください。劇的に本から学べることの量が増えるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です