増税前のAmazonでのお買い物は大丈夫?Amazonのページに行く>>

緑茶コーヒーダイエットはズボラ女子必見!効果的な方法〜口コミまで【完全解説】

「緑茶コーヒーダイエットが何やら楽して痩せるらしい。。。」

あなたもいくつかのダイエット方法を試してきてこの緑茶コーヒーダイエットにたどり着いたのではないでしょうか?

結論から言ってしまえば、緑茶コーヒーでのダイエットは比較的ラクなのに効果が期待できます。

その理由としてはこんな理由があります。

  • お医者さんが考案したダイエット方法だから
  • お医者さん自身も、92kg→67kgにダイエット成功者
  • 口コミでも成功体験談が多数

そこで今回は、緑茶コーヒーダイエットというテーマで

  • 緑茶コーヒーダイエットの効果
  • 緑茶コーヒーダイエットの効果的な方法
  • 合わせて行いたい簡単なテクニック
  • ネット上での口コミや体験談
という内容をメインに紹介していきます。

「痩せたいけど激しい運動はちょっとなぁ。。。」というズボラさん必見です!コーヒーと緑茶の力でモテる自分に変身しちゃいましょう♪

 

緑茶コーヒーダイエットの効果

緑茶コーヒーダイエットの効果には下記のような効果があります。

  • 脂肪燃焼効果
  • 脂肪を分解しやすくする
  • 食べ過ぎの防止
  • 代謝の向上
  • 睡眠の改善
  • リラックス
  • 血糖値の上昇を抑える

これらのダイエット効果が期待できるのは、『コーヒー』と『緑茶』の成分にヒミツがありました。

コーヒーと緑茶のダイエットをサポートする成分

緑茶コーヒーダイエットが口コミにおいても効果的だ!と言われているのは主にこの2つの成分のおかげなんです!

  1. カフェイン
  2. クロロゲン酸

ではそれぞれの成分がどんなやせサポートをしてくれるのか紹介していきますね♪

カフェイン

仕事・勉強を頑張りたい時に。。。それがカフェインの効果だと思っている方が多いのですが、実はダイエット効果がスゴいんです!!

 

それは『カフェインを取るだけで基礎代謝が上がる』ということが論文の実験でも証明されているため。

その論文によると、100mgのカフェインを取ってからの150分は代謝が約4%上がるんだとか。

そしてカフェインを取る回数を増やすとさらに基礎代謝は向上していき、6回のみ続けたら11%にまで向上したそうです!

運動なしで1日の消費カロリーが10%以上になるってとても大きいですよね!白米1杯分が飛んでいきます。

 

他にもカフェインには、『運動効果をあげる作用』『脂肪を分解しやすくする』『食欲を抑える』などの効果もあります。

運動効果をあげる作用においては、パワーがよりでるのでいつも以上にカロリーの消費ができます。そのため体を絞るのには効果的。

脂肪分解の働きは、蓄積した脂肪を脂肪酸という物質に変えて運動するためのエネルギーにしてくれるものです。

そのため「ぜい肉をどうにかしたい!」という方にも良い効果を与えてくれますね。

食欲を抑えてくれるのはカフェインが神経を刺激し食欲を抑える作用があるため。

※カフェインはコーヒー>緑茶の順で多く含まれています。

 

クロロゲン酸

クロロゲン酸もカフェインと同様に脂肪を燃えやすくしてくれます。

その流れとてはこんな感じ。

  1. クロロゲン酸を体内に取り入れる
  2. 肝臓内で脂質の代謝が活発になる
  3. エネルギーの消費(カロリー消費)が多くなる

※クロロゲン酸は緑茶>コーヒーの順に多く含まれています。

 

緑茶コーヒーってどうやって作るの?

私自身も初めて聞いたときは「どうやって作るんだろう?」と思っておりましたが、作り方は超簡単!

ただ緑茶とコーヒーを1:1の比率で混ざるだけです。

そしてなにより嬉しいのは市販のやすい価格帯のものでもOKであるという点。

私はブレンディーに綾鷹で実際に試しました。この組み合わせなら1杯飲んでも50えん以下というコスパの良さです。

注意
緑茶コーヒーを作る上で注意したいことはたった1つだけあります。

それは“コーヒーはブラックにする”というポイントです。カロリーが増えてしまったり、ダイエットに効果的な成分を阻害してしまったりしてしまうため。

なので、コーヒーはブラックを選びましょう。

交互に飲まずに合わせて飲むことに理由はあります

「コーヒーや緑茶それぞれに痩せるにに有効な成分が入っているなら好きな方飲めばいいんじゃないの?」

確かに少なからず効果はありますが、合わせて飲むことが近道なんです!

それは片方のドリンクではメリットがある一方で、デメリットもあるから。

例えばコーヒーに含まれているカフェインには大きなダイエット効果をもたらしてくれますが、効果が切れる時に疲労感が出てしまうのがデメリットです。

あなたも目の前の作業を片付けるためにカフェインを投下して、最初のうちは効率よく進むけど、休憩を挟んで終わった時にはもうやる気が出なかった経験はありませんか?

それこそがカフェインが切れた時の疲労感なのです。

そんなデメリットのあるカフェインですが、緑茶と一緒に飲んであげることで、緑茶に含まれる『テアニン』という成分がカフェインの吸収を緩やかにしてくれる結果、ガクッとくる疲労感を除去してくれます。

そしてカフェインがもたらす大きい緊張感を軽減してくれる役割も担ってくれます。

そのため、『緑茶コーヒー』という形で合わせて飲んであげることがおすすめなんです!

ちなみに緑茶飲みではダイエット効果は大きくありません

 

緑茶コーヒーを飲むタイミング

結論からいってしまえば、効率よく緑茶コーヒーを飲むなら『食前』『運動前』『入浴前』がベストです!それは前述したダイエット効果の特性上、

  • カロリー消費の大きいシーン
  • 食物で栄養をとるシーン

に効果を大きく発揮するため。

運動前・入浴前に飲む

運動や入浴の時間は1日の中でも多くのカロリーを消費する時間です。

そのため、その運動前・入浴前に緑茶コーヒーを飲むことで基礎代謝や運動パフォーマンスが向上した結果、より効率よくカロリーを消費できるのです。

運動は毎日しないという人は家事や1日でこの時間に動くという前に飲みましょう。実は家事って結構カロリー消費するんですよ。

食前に飲む

この食前に飲む理由は、食欲を抑えて食べ過ぎ(過食)を防止する目的です。

そのため「食べ過ぎた。。。」と感じても、自然と腹八分目で抑えられたりします。そしてコーヒーには消化酵素を活性化させる成分も含まれているので、栄養を効率よく吸収できます。

そのため、食前に飲む方法もあり!

注意
いくら身体に良いという緑茶コーヒーでも薬と同じように飲み過ぎはNGです。

コーヒーや緑茶に含まれているカフェインは過剰接すしてしまうと体にネガティブな影響を及ぼします。

そのため、飲む量としては1日に3杯〜5杯までとしましょう。

そして睡眠前もNGですので、寝る6時間前位は飲まないようにしましょう。

ネット上での口コミや体験談

緑茶コーヒーダイエットがいくら良いと聞いても、データだけではなく『実際の声』や『ネット上の口コミ』なんかがあるとより安心ですよね!

そこでここからは緑茶ダイエットのネット上での口コミや実際の声についてまとめていきます。

リアルな口コミと理由を解説

では早速ネット上の口コミについて見ていきましょう。緑茶コーヒーダイエットで実際に効果のあった私がそれぞれの声に対するレビュー(解説)をしていきます。

 

半年で3キロ自然に落ちました。(途中停滞期有) 毎日500mlのペットボトルに入れて水出しで大丈夫なので手軽に作れます。昼食時コンビニでジュースや甘いデザートコーヒーを購入するのが習慣になっていたのですが、買わなくなって節約にもなりました。 変な癖もなく、スッキリ飲めるお茶なので続けやすいです。 ついつい甘い飲み物を飲む習慣やアルコールを飲む習慣のあるひとには効果的かと思います。

健康飲料であることから置き換えが簡単にできるが良いポイントです。この方のようにすでにあったダイエットを阻害するジュースやアルコールに置き換えるとより緑茶ダイエット達成ができます。

 

汗が出やすそうなので、あとむくみも解消な感じです! でも痩せるスピードはあんまり変わっていません。

コーヒーには基礎代謝をあげて汗を出しやすくする効果に加えて、利尿作用もあります。そのため、体内に余分な水がたまらないためむくみ対策にもつながります。
激しい運動をしない分、他のダイエット法よりはすぐに効果が出ないというのは難点です。しかしストレスなく自然と痩せられるのでダイエットが続かない人には良いダイエット方ですよ!

 

毎日3回のんでます。まだ効果はありません。

楽ではありますが、即効性がないというのがこの緑茶コーヒーダイエットの難点だったりします。
ですが、運動などを組み合わせることによってそのデメリットを消すことができます!そのため、即効性を求める方はプラスαの行動をしてみることがおすすめ。(後ほど紹介します)

 

口コミから見る緑茶コーヒーダイエットのポイント

口コミやネットの声をまとめるとこんな感じ

メリット

  • 自然と体重が落ちる
  • 悪い習慣と置き換えしやすい
  • むくみが解消できた

デメリット

  • 痩せるスピードはあまり変わらない
  • すぐには効果は実感できない

 

実際に緑茶コーヒーダイエットを行なっての体験談

私自身も以前に緑茶コーヒーダイエットに挑戦してました

結論から言ってしまえば自然と体を絞ることに成功!!

しかしコーヒーが元々好きであった私にとっては、緑茶コーヒーがどうしても

  • コーヒーの劣化版
  • コーヒー風味
と言ったネガティブな印象が終始ありました。。。

途中からは「健康飲料だからしょうがない!」と割り切れました。

そして実践して体重は徐々に減り、2ヶ月目からは軽い筋トレも取り入れました。

その結果、うっすらとではありますが腹筋が見えてきました。長年の間お腹に見えるのはたるんだ脂肪だったので感動しました(笑)

 

合わせて行いたい簡単なテクニック4選

緑茶コーヒーを飲むだけでもある程度の効果は実感できますが、様々な行動と合わせてあげることで更なるダイエット効果を期待できます。

そこでここでは緑茶コーヒーダイエットと一緒に行うと効果的なテクニック4つについて紹介していきます!

1.軽い運動をする

緑茶コーヒーには基礎代謝や脂肪燃焼効果を増幅する効果があるので、ちょっとした運動でも体重の減量には効果ありです!

具体的に軽い運動は

  • ストレッチ
  • できる範囲での筋トレ

こんな感じでOK!

『筋肉を動かす=エネルギー消費』なので、まずは軽くでも運動をしてみましょう。

慣れてきたらだんだん回数や負荷をかけてあげるとより効果的に身体を絞ってあげられますよ♪

2.散歩を毎日に取り入れる

こちらも軽い運動に入りますが、お散歩を毎日のルーティーンにしてみましょう。

ダイエットなどに置いて歩行は軽視されがちですが、ストレス発散や太陽光を浴びることにより、身体のリズムがリセットされるので、睡眠の質も向上します。

歩数などは見える化してあげるとモチベーションUPにもつながるので、万歩計なんかを使ってあげると良いかもしれません。

Amazonで万歩計をチェック

 

3.ダンスを取り入れる

「なかなか運動は好きではない!」という方でもダンスや好きなアーティストのMV(ミュージックビデオ)を見ながらのダンスって結構長い時間できたりします。

そのため、運動では調子が出ないという方にはダンスがおすすめです。

好きなアーティストがいれば振り付けを覚えつつダイエットができるので一石二鳥です♪

4.ステッパーを取り入れる

ステッパーとは下記の画像のような足踏みをする器具のことです。

このステッパーがなぜ良いのかというと、ながら運動ができるため。

こんなシーンでステッパーは活躍

  • テレビを見ながら
  • 読書をしながら
  • インターネットやSNSを楽しみながら

ステッパーがあれば何かをしながら自然と運動を取り入れることが可能となります。

「健康のために少しのお金は使えるよ!」という方にはステッパーの購入をお勧めしますよ♪

健康にも良いのはもちろんですが、歩くことによって第二の心臓と呼ばれているふくらはぎのポンプ作用で血のめぐりが良くなります。その結果、集中力が上がったり生産性UPにつながります。

Amazonでステッパーをチェック

まとめ:緑茶コーヒーダイエットはズボラな人も活動的な人にも効果的

緑茶コーヒーダイエットはなかなかダイエットが続かないという人にも効果的です。

それは緑茶コーヒーには

  • 体を痩せやすくしてくれる
  • 過食を防いでくれる

含まれているため。

ですので、「なかなかダイエットが続かないよ〜」という方には緑茶コーヒーダイエットがぴったり!

理想の身体を目指して、緑茶コーヒーでモテボディを手に入れてみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です