増税前のAmazonでのお買い物は大丈夫?Amazonのページに行く>>

ランサーズでフリーランスになれる?【稼げる以外の稼げるメリットあり】

「ランサーズでフリーランスになれるの?」
「もしなれるならメリット・デメリットを知りたい!」

あなたもこんな疑問はありませんか?

会社に拘束されないフリーランスという働き方には憧れますよね!

実際に私もフリーランスに憧れを持ち、ランサーズとブログを頑張っています。

 

結論から言ってしまえば、ランサーズにおいてもフリーランスとして独立することは可能です!

それはランサーズのランキングで100位の人であっても10万円以上の収入があるため。

そしてフリーランスの報酬は増加傾向にあります。

 

そこで今回はランサーズフリーランスになれるのかというテーマで、

  • ランサーズでフリーランスになれるか
  • ランサーズでなるのは得or損
上記の内容をメインに紹介していきます。

 
ランサーズでフリーランスにはなれるのか

冒頭でも紹介したようにランサーズでフリーランスになることは可能です。

それはランサーズ内のランキングの100位でも10万円以上の収益が立っているため。

また稼いでいくと実績がたまるので、自然と単価も上がっていきます。

 

実際に私も、ランサーズで本気に稼ぎに言った月には19万円を獲得できました!

ありがたいことに、現在は自分から仕事を取りに行かなくとも、お仕事を頂けております。

 

このことからも、一度波に乗ってしまえば継続的に稼いでいくことは可能です。

そのため、ランサーズでフリーランスになることは実現できるといえます。

 

初めに大きく稼ぐのは難しい話

ネット上の情報を見ていると、

  • 初月で10万
  • 楽して稼げる

なんて口コミや甘い情報などがありますが、そんな人はクラウドソーシングをやっている人でもほんの一握り。

 

それは、依頼者にも

「お金を払うため初心者よりも実績のある人に仕事を任せたい!」

という心理が働くため。

そのため、初月で楽して大金を稼げると言った幻想がある方は一旦捨てましょう。

とは言っても、数万円なら初月でも十分んい稼げる可能性は大きいです。

 

ランサーとして稼いでいくためのポイント

ランサーズのランサーとして稼いでいくには、自分の武器(知識や経験)をうまく見せつつ実績を積んでいくことが大切です。

具体的には下記の5ステップ。

  1. プロフィールを完成させる
  2. 提案の型を作る
  3. 小さい案件で実績を積む
  4. 認定ランサーを目指す
  5. ランサーズストアにスキルを出品

この順で進めていくメリットは、相手からの信頼を積み上げやすいことです。

 

全くの初心者で実績がないことは充実させたプロフィールでカバー。

提案のクオリティーが一定以上になる様に型(テンプレート)を作る。

小さい案件で経験や感覚を積みつつ、評価を上げ認定ランサーを目指す。

指名件数が増える様に自分のサービスを出品する。

と言った具合です。

 

こちらの初心者からのステップアップについては下記の記事で詳しくまとめているので、本気で稼ぎたい!と思っている人は是非読んでみてください♪

テンプレートや書き方の例も記載しています。

ランサーズで初心者が稼ぐ方法とは?【効率的な道のりを徹底解説】

ランサーズでフリーランスになるのは損or得

結論から言ってしまえば、ランサーズでフリーランスになるのは得です。

それはランサーズには

  • レコメンド
  • ランキング

などの要素があり、実績が稼ぐ金額が多ければランサーズのおすすめの様な形で紹介されるため。

 

実際に仕事を発注するクライアント視点に立ってみたら、やはりランキング上位者にお方が無意識にも安心感があります。

そのため、ランサーズに登録せずにフリーランス活動をするよりもランサーズを利用した方が得です。

 

他にもフリーランスに嬉しいメリットが

レコメンド以外にもランサーズではフリーランスを応援する機能があるんです!

それはランサーズによる、仕事面だけでなく生活面のサポートもしてくれる『フリーランストータルサポート』というサービス。

このサービスでは、フリーランスにとってはありがたい下記の3つのサービスが受けられます。

  1. 税務のサポート
  2. 福利厚生によるサポート
  3. スキルアップ教育

 

どれも個人事業主であればいずれは勉強が必須となってくるものなので、このメリットはかなり大きいです。

税金対策については書籍でも簡単に学べるので、

「もしまだ本格的に活動はしないけどな、、、」

と思っている方でも、学んでおくとかなりお得になりますよ!

 

もちろんデメリットも

一番のデメリットは仲介料がかかる点。

これはクラウドソーシングサービスという仲介があるため。

これに関してはしょうがないですが、ランサーズでは報酬の20%なのでなかなか大きい、、

そのため、ゆくゆくは

  • 企業への売り込み
  • 個人指名が来る様にする

などの対策もしていくのが稼げるフリーランスになるためには必要です。

 

実際にあるライターさんの話によると、クラウドソーシングでは文字単価の限界があって直接企業に売り込みまくったなんて話もあります。

そのため、ランサーズではレコメンドや実績からも指名はありますが、仲介料が取られることを念頭に追いておきましょう。

 

フリーランスは日本人口の17%

『フリーランス』というワードを聞くとなんだかレア感がありますが、2018年時点でも日本人口の17%の人(1119万人)がフリーランスであるというデータが出ております。

参考 フリーランス実態調査 2018年版を発表Lancers

そのため

「周りの人と違う道に進むのか、、、」

こんな具合に不安になることはありません!

むしろ

  • フリーランスの応酬は増えてきている
  • 働き方のい自由
  • ブラック企業

などがこれからのフリーランス人口を増やす方向に働き、ポピュラーな働き方になると予想されます。

 

実際に大手クラウドソーシングサイトのランサーズでも、『#採用やめようプロジェクト』でこれからの働き方について紹介しており話題となりました。

 

フリーランスの平均年収は186万

『平均年収が186万円』

あなたはこの事実をどの様に感じますか?

大半の人は安い!と感じるでしょう。

 

しかしフリーランスと言っても

  • 月に100万以上を稼ぐ人
  • ニートよりの人

とかなり幅広いのが特徴です。

そのため、あくまで186万円は平均であることをお忘れなく。

 

それに加えて通常のサラリーマンなどの雇われて働いている人なら、週に5日毎日8時間以上移動も含めると10時間以上の拘束時間があります。

ですが、フリーランスなら好きな時に好きなだけ働けます。

そのため、時間あたりの金額で計算するとそこまで安くないと予想されます。

 

またフリーランスの自由な働き方を送っている人へのアンケート調査によると、ライフ・ワーク・バランスがよくなったという回答が多数あります。

つまり幸福度が高い働き方と言えます。

ですので、一見平均年収が186万円と言われると低い様に感じますが、中身を見れば充実しているのです。

 

フリーランスの実際の声

「仕事の枠にとらわれず、幅広く仕事ができる。自分の資格や経験に見合った働き方ができる。自分で自分のワークバランスを統制できる。」(40代女性、複業系パラレルワーカー)

「自由でやりがいのある、達成感を見出せると共に常に向上心を持って働くことが出来そう」(20代男性、ノン・フリーランス)

「自分の裁量で自由に仕事ができ、うまく行けば大きな収入を得ることができる。しかし、自分で常に仕事をとってくる必要があり、収入を安定させるのが非常に難しい職業だと思う。」(30代男性、副業系すきまワーカー)

 

 

まとめ

ランサーズでフリーランスになることは可能です。

その証拠として、ランサーズのランキングにおいても100位においても10万円ほどの収益があるため。

 

他にもランサーズではフリーランスをサポートしてくれるサービスがあるので、ぜひ「雇われずに働くスタイルに憧れる!」という方はランサーズでの活動を始めてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です